jus can't help it : ginger


<< RIKIMARU@Zher the ZOO ...acoustic this time | main | ストリートライフ〜おっさんとの出会い〜 >>
スポンサーサイト
01.11 | - | - | |

一定期間更新がないため広告を表示しています

イエスタデーの路上演奏の件。
09.16 | ライヴ | comments(0) | 02:05 |
昨日は渋谷で路上ライブしてました!

HSCでは二度目の路上ライブでした!!!





でしたが、いろいろとあった路上でした…。

まず、しょっぱな、シールド(アンプとギターをつなぐ命綱)

を忘れる、という大失態。


例えるならば、カップ麺とお箸だけ渡された状態。


あるいは、ヘッドフォンのないiPod


音の入ってないサンプラー


タイヤのない自転車


音楽のない世界


君のいない世界



…ぜんぜんうまくない例えになってきたので


この辺でやめにして。最初のやつくらいだ。



もう要するに結構渋谷の雑踏の中ではどうにもならないわけです。

かろうじて阿漕だから、じゃかじゃかやってるのはわかるかなくらいです。

アンプにつながずに演奏した場合。



で、急いで楽器屋に走ったわけです…うそです歩きました。


でもふと時計を見ると時刻は21時前…楽器屋はもうおねんねの時間です。


かろうじて開いていた薄目をこじ開け

北「もうオシマイですか?シールドだけ、シールドだけ買いたいんです!!」

店員「もうねむ…ねむにゃ…」

北「そうですか!シールドだけ!シールドだけ買いたいんです!」

店員「ZZZZZZZZZZZZZZZ…」

北「ですよね!!!!」



※ おぼろげな印象を元に再構築してあります。
  大幅に事実と異なる点もございます。
  また特定の楽器屋を攻撃する意図はまああああったく
  ございません。





閉ざされたしゃったーを前に下りのエス枯れたーにもアクセスできずに

無意味に兄名とを通貨し(筆者の同様を反映し誤変換のままお送りします)

ビルディングを後にする。


楽器屋はどこも一緒だろうな…。


そうだ、電気屋だ。


そこでL◯BIへ走る…うそです歩きました。



電子楽器を演奏される皆さんならおわかりのことかと思いますが、


楽器の入出力はほとんどが、これなんです。




で、電気屋には片側だけこれってのはあるんですが、

両側これってのはほぼないんです。

それは知ってたんですが、でもひょっとしたらあるかなって、


そんなあぶり出す前のあぶり出しの文字くらいうっすらした期待を

胸に売り場へ行ったんもめん。


やっぱないわけです。


北「ふぉんふぉんないですよね〜?」

店員「ふぉんふぉんはないですねー!」

北「ですよねー!!じゃあ片ふぉんとふぉんへんかんたんし買って云々? 」

店員「云々!」

北「謝々!」



応援に駆けつけたHSC、on Drums!!! KOTA氏に冷ややかに迎えられながら

セッティングします。









小唄「よう、おまえ散々忘れモンすんなよってLINEしといて、てめえが
   
   シールド忘れたみてえじゃねえか。世話ネエな?えぇ?オイ。」

北「う、うっせえええよおおおおお!!!!てめやんのかこら!!!!」


というやりとりがあったかどうかはともかくセッティングします。

小唄くんは、髪の色こそ「ふりょうしょうねん」ですが、

すごいいいヒトです。いうなればゆるキャラです。



で、小唄ともかく音が出ません.やはり




ステレオではダメでした。昔半刺しとかで音出たような記憶があったんですが。


なんだかバカ丸出しです。大丈夫でしょうかこの記事。







ここに来て路上中止というわけにも



というわけでじゃかじゃか生音。

やっぱ聴こえない…というわけで


ごめんちょっとスタジオ行ってみる…


小唄「待ちな…てめえはそこで聴こえるか聴こえねえかわかんねえながらも

   弾いてる風なギター弾いてな!おれが行ってきてやるよ…」

北「コ…ウ…タ…。おまえってばいいやt…」

コウタ「礼なんて後だ。黙ってギター弾いとけや。」

北「おれ…おれがんばるから!渋谷の雑踏にも負けない魂のギター弾くから!!」


コウタ「…」(2本指を立てるジェスチャーで応える幸田。)



そして路上ライブは再開…


渋谷の街に響き渡る中川優のボーカル。

ハスキーで切ない歌声が夜の街に映える。


その横でかろうじて聴こえる生音のアコースティックギター。




切ない気持ちになってきてカバンをひっくり返してみると





これが出てきました。

あ、これでモノだけどipodとかつなぐ用のとこ入れたら音出る輪!

ぶすっ

じゃかじゃか



じゃかじゃか


ぐらいになりました!!!!

ちなみに声は



らららー



くらい。



うわなんやゲシュタルト崩壊。「ら」が潰れた5にしか見えなくなってきた。





さて



そんなわけで一応ちっちゃいながらもギターの音が聴こえるようになり


じゅんばんに曲を演奏して行きます。




ところが、やはり渋谷は。


しかも、レンキュなカビ、もとい連休中日の昨日の

渋谷。聞けば八幡様の神輿まで出てたって言うじゃない。



ただでさえにぎやかな街がスーパーサイヤ人3ですよ。

何台消防車、救急車通るんだよってくらい引っ切りなし。


加えて走行音の派手な(概して見た目も)車やバイクもこれでもばかりの

我々の真後ろを通過して行くわけです。

らららー

はともかく


じゃかじゃか


なんて台風の前の口笛みたいなもんです。


アリが恐竜に勝てると思ったか!みたいな感じですよ、フリーザさん。




まあそんなこんなで色々トラブルに巻き込まれた(9割自分のせい)

のですが、長く見てくれたお客さんも結構いて、


本当にありがたかったです。


急に真面目です。


twitterのフォロワー増えただけで嬉しいよ。


もっといい演奏して、どんどん色んな人に知ってもらいたいし。


そんなわけでここで一句。







「忘れるな シールドだけは 忘れるな」






大事なことなのでn…(ry





悠長にバーガーキングでワッパーセット食ってる場合じゃなかった。

いやその前に持ち物チャックもといチェックを怠るでない。

最近耄碌しすぎです。



反省もほどほどに昨日セットリストでも書いておこうかと思います。


順不同


Human Style Council
『pm am』

『resist』

『gentle moments』

Cover
『sunrise』Norah Jones

『gotta be』Des'ree

『california king bed』Rihanna

『umbrella』Rihanna



まだこの二人でできるレパートリーは少ないんですが、

これからどんどん増やして行きたい思います!!


少ない中でrihannaが2曲ってのも気になるしw

選曲も幅広くやっていこうと思うのでリクエストもどしどし受付中。



オリジナルもアコースティック向きじゃないでしょーって曲も

大胆にアレンジしてやってやろうと思ってます。


乞うご期待。


そうそう来週もやる予定です。ぼそっ。




そんなわけでこれから頻繁にやっていこうと思うので

渋谷に来た際にはtwitterの我々のアカウントをチャックしたり、

渋谷の雑踏から我々の音色をジャックしたり、

してみて下さい!!!!



無駄に長くなりましたが、


ちょっとでも見て下さった方、足を止めて下さった方、

ほんとありがとうございます!!!





写真は最近仲良くしてるー0(hikurei)ってバンドの

ヴォーカルのmuuちゃんのtumblerから拝借いたしました。

彼女のページめっちゃセンスいいから見た方がいいよ。

バンドの音もかっこいいから要チャック!




そして、我々HUMAN STYLE COUNCIL

今月のライブハウスでのライブ!!!


は!!!!!!




9/30(火)
@渋谷Guilty
『利き唄ロック〜煌〜

NAGAI / HUMAN STYLE COUNCIL / シギ / Killing My Lotus

OPEN 18:30 START 19:00 /
ADV.¥2100- DAY.¥2600- DRINK別¥500-

HSCの出番は

19:40〜頃になります!!!!



また改めて詳細書きますが、この日も盛りだくさんなライブになります!!!


ぜひ追加情報をチェックしてください!!!!











エピロローグ

—その後の幸田もとい広太。

彼が戻って来た時には、キタダは一つの妥協案を見いだしていた。

なんとかじゃかじゃか鳴らすことくらいはできるようになっていたのだ。

本当に走ってくれたのか、見慣れないピンクのシャツと同じくらい頬を赤らめた

広太の手には何もなかった。



無駄足に終わらせてしまったんだな。広太の顔をキタダは直視できなかった。


ごめん、広太、ごめん。


何度も心の中で繰り返しながら、ブロンズの弦をかき鳴らす。



(おれのせいでTシャツまでピンクに…ああなんてこった)


曲が終わった時にこみあげてくる思いを押さえきれず、



「ごっめーん!!!!こーた!!!なかった?!!!!

そりゃそうだよね!!!はははは!!ほんとごめーん!!!」



キタダは一回死んだ方がいいとダレもが思った。



ー完ー




※このお話は半分フィクションです。
 センスオブユーモアで垂れ流し読みしてください。

 
スポンサーサイト
01.11 | - | - | 02:05 |









http://kitadayu.jugem.jp/trackback/92
 
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Entries
Categories
Archives
Profile
Links

booklog
QR chord
qrcode
Others

Favorites
Ad